現世にしがみつけ!

現世にしがみつけ!

アラサー。舞台、一人旅など。消費される社畜が、趣味への未練で現世にしがみつくブログ。

オタク、140字じゃ足りなくなったのでブログ始めてみた。

f:id:retirehumanlife:20210114005706p:plain


こんにちは!
本ブログ運営者の、ねぎトロ子と申します。
ネギトロが好きだったのでこの名前にしました。
本ページをお読みいただきありがとうございます。

この記事いるか?と思ったのですが、私自身が他のブログを読むときに自己紹介記事が結構好きだったりするので書きました。「こんな奴が書いてんだな」と。

 


当ブログの内容について


やれ残業だクレームだ、コロナだ金欠だ、人生はなかなかにしんどい。

でもとりあえず生きていかなければならない。

そんな辛い人生を、"好き"なものでねじ伏せて延命している女のブログです。



普通にみなさん人生楽しいことばかりじゃないですよね?

私が延命できた物事をご紹介して、皆様の延命の手助けをする。

そんなブログです。みんなで生き延びましょう。

 
このブログは、

・この作品、コンテンツに生かされているよ!

・△△の舞台になった、××に行けば延命できるよ!

・20代の人間♀になるために、こんなことをしたよ! 

など、雑多に発信していく予定です。

 

始めようと思ったきっかけと趣旨

本当に大まかには、上に書いた通りです。…が、

*好きなものは共有・布教したい!

ほとんど理由はこれです。
オタクなので、好きなものは語りたいし、世の中みんなに知ってほしい。
ファンが増えれば回るお金が増えて、制作にもお金が入りますので。。
当ブログの記事を読んで、


・「この作品、知らなかったけど面白そう!」
・「こんな場所があるんだ、次の候補にしよう」


なんて思っていただけたら嬉しいなと思っております。

そしてそれが、


・世の中の素敵な作品やコンテンツを知るきっかけ作り
・気になるけど実際に行ってみる(やってみる)か迷っている人の後押し

 

に繋がったら大変嬉しいな、なんて思います。


あとは、私のブログに辿り着いてくださった方は、
ある程度私と近い趣味趣向や感性をお持ちの方なのかな?と思うので
ぜひ一緒に新たな沼へダイブしてみていただきたいです!

 

運営者「ねぎトロ子」について

プロフィール

軽く書きました。お時間ある方はさらっとどうぞ。

----------------
名前: ねぎトロ子(♀)
出身: 関東
年齢: 1996年生まれ 24歳
職業: 中小企業の会社員 営業職 社畜
----------------

好きなもの:
・少年漫画(数えるのをやめてしまいましたが、千冊以上はあります…。)
・舞台(ミュージカル、小劇場、2.5次元、何でも好きです。)
・海外旅行(旅行済:NY、ボストン、フロリダ、シンガポール、マレーシア、香港、ローマ、フィレンツェベネチアバルセロナ)
・アニメ/ゲーム/国内旅行/お酒・飲み会/サッカー/Twitter/動物/顔のいい人/美味しいもの/楽しそうなもの全般

嫌いなもの:
・労働
・冬

 

 ほかちょっとした自分語り。

 

こんな人間です。

*人間はハタチ越えてからの方が変わる

▼それまで
中学校、高校と6年間運動部。
当時大活躍だったイナズマジャパンなでしこジャパンに憧れてサッカー部に入りました。
部員とバカやって、でも毎日休まず真面目に練習して、
秋まで引退試合の練習と同時並行で受験勉強して、四年制大学へ。
(運動部に深夜アニメの話をする人はほとんど皆無だったので
この頃からTwitterやpixivで生きていた。)

高校まではいい子ちゃんしか周りにいなかったので、大学の人種のるつぼさに驚く
大学に入って本当に人生がアップデートされました。

 

*人生分岐点①:留学


ハタチの時、国際系の学部だったので
たった半年間だけ大学のプログラムでNYの大学に留学しました。
20年実家で箱に入れられて育った私が始めて一人で行った外国。

留学してみて


・見た目も考え方も、本当にみんな違う。
 日本を息苦しいとあまり思ったことはなかったけど、アメリカは"自由"だった。
・知らん国、土地、慣れない言語でも生きていけたし、
 日本なら大体何でもできるだろうという根拠のない思い切りがついた。
・ブロードウェイで、人生最高の「舞台」という沼を知ってしまった。


たった半年、されど半年。
貧しい土地に学校を建てるような特別な取り組みをしなくたって、
半年の留学が与える変化はとてもとても大きかったです。
奨学金を借りてでも、留学に行ける機会がある学生さんは
短期で構わないので本当にぜひ行ってみていただきたいです。

 

*人生分岐点②:「舞台」への沼落ち


先の留学中、ブロードウェイで「舞台」というエンタメを知ってしまい、
帰国して間も無く「テニミュ」にハマります。

 

▼沼の底からの布教記事書きました。

retirehumanlife.hatenablog.jp



基本的に舞台って、以下の特徴があるのです。

舞台の特徴

・その公演は、その日その時しか見ることができない
・ロングランの公演は、地方を回っての公演がある
・学生にとっては、一回のチケット代がめちゃめちゃ高い


舞台の魅力を知ってしまった私は、自分でもかなりアクティブになったと思います。

 

舞台にハマってみて

・劇場なんてほぼ行ったことがなかったのに、
 可能な限り、好きな舞台は何回も見るようになった。
・一人で遠出なんてしたことなかったのに、
 全部自分で手配して、地方に単身で遠征しに行くようになった。
・チケ代のため、これまでお小遣い程度だったバイトを鬼シフトに変更。
若手俳優のオタクを始め、謎にコスメとかにも詳しくなった

留学後すぐのことでもあったので、
留学の影響なのか、はたまたテニミュのせいなのか
微妙なところではありますが、きっとその両方なのでしょう。
ついでに言うと、この時1年半付き合った人生初めての彼氏と別れました。

 

*人生分岐点③:就活

ずっと行きたかった企業に最終面接で落ちたことがありまして。
正直めちゃくちゃ狭き門でしたが、最終で落ちたのがでかかった。
ここの企業以外あまり考えてなかったのもあり、持ち駒はないわ他にもお祈りもらうわで
あの時は今思えば多分本当に鬱だった。多分就活コンプは一生治らない。
6月はじめに落ちて、7月末ごろまで惰性で何社か受けましたが
結局5月に内定をもらっていた企業に就職することに。

決して良い労働環境とは言えませんが、良い上司には恵まれました。
(ブラックあるある:人間関係しか良くない)
毎日死んだ目で働いているので早く転職したいといいつつ
好きな分野を仕事にしているので、続けていきたい気持ちもあります。

とはいえ基本毎日が死んでいる。

 

*コンプレックス:海底2万マイルな自己肯定感

本当に何故かわからないレベルで、自他共に認める自己肯定感の低さを誇るので
この厄介な自己肯定感を海抜0mのところまで戻すのが目標です。

特別裕福ではないものの、貧しくはない家庭で両親も仲が良く、一人っ子。
ありがたいことに家庭環境は良かったものの、
海底から浮上しなかった自己肯定感を抱えて生きてます。
もともと低かったのか、成長するにつれ沈んでいったのか、
今となっては確かめる術がありません。。

平日は「しにたい」が口癖。(※さすがに気心知れた友人にしか言いません。)
寿司食べたら元気になるけど、しにたいbotの時は本当にしにたいと思ってる。
全くメンヘラ気質は備えてないけど、そんな現代病の限界社会人

 

*人生観と夢


上記の自己肯定感の低さで、「来週には死ぬんだろうな」と思っているので
朝起きて明日のイベントのチケットが生えてたら取るし、
お金で楽しみが買えるなら冥土の土産に買い尽くす。
そこだけフットワークと行動力が戦闘力53万。

”次のイベント楽しみだし、とりあえずそこまでは生きるか”
と思って生きているので、次のチケットと予定を切らしたら死んでしまう。
こうして色々なエンタメを食べて、延命して生きています。
(私みたいな人がブログを読んで、生きながらえるきっかけを得てくれたら嬉しい。)

そんな私の目標兼夢は、
世の中のおいしいエンタメを死ぬまでに食べ尽くすこと です。
なので、大体なんでも面白そうなことには首を突っ込みます。 

 

*性格

・完全にアリではなくキリギリス寄り。楽しく暮らしたい。
・オタクなので、現場と職場で情緒が躁鬱気味。労働は虚無。
・熱しやすく一生冷めない。定期的に再燃します。
・営業職なくらいなので、一応社交性はある…つもり。
・仲間内では姉ポジよりも末っ子ポジ。遅い方にマイペース。

 

さいごに

個人の備忘録的な部分が大きい本ブログではありますが、
みなさんの暇つぶしや、今後の楽しいこと探しの参考に
少しでもなりましたら大変幸いでございます。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。